電子化を拒む要因:「伝票」「捺印」ロボットでは解決できないアナログプロセスの自動化

「人口及び労働力の減少」
「長時間労働の慣習を改善する必要性」
「ダイバーシティ(多様性)マネジメントの推進と生産性向上」

業界や業務によって異なりますが、社会全体が「働き方改革」に注目していることは確か。

働き方改革に取り組む上で、ほとんどの企業が業務効率化を考え、
その実現手段として自動化を検討するでしょう。 

そこで、単純労働時間を減らす目的で
ロボット・RPA(Robotic Process Automation)が注目されています。

しかし、「デジタルからデジタルへ」という業務フローは自動化できますが
アナログな処理が含まれる場合、自動化できません。

自動化が難しいアナログな処理「帳票・伝票・捺印」
アナログなプロセスの「短縮」ではなく「削減」

たとえば、取引先への請求書や債権関係書類の郵送は、「伝票」「帳票」に「捺印」が必要なため自動化ができませんでした。

ウイングアーク電子化ソリューションは、認証・アーカイブはもちろん、APIも提供しているので、お客さまのワークフローやWebシステムに組み込んでいただくことが可能です。

では、どのようにしてアナログプロセスを電子化・自動化するのでしょうか?

「紙ゼロ宣言」【SPA】について詳細はこちら

関連記事