読み取りを確実にするため、解像度やサイズが重要? バーコード・QRコード Tips『6』

伝票やラベルはもちろん、納品書や請求書にも利用されているバーコード・QRコード

SVFX-Designer Ver.9.2から、新たな世界標準規格「GS1DataBar」にも対応しています。

読み取りを確実にするため、解像度やサイズが重要!

そこで、バーコードに関連するのTipsを『6』抜き出してみました。

1.  バーコードの桁数を変えずに設計幅を広げられますか?

2. QRコードが出力されません。意図したサイズで出力されません。

3. 2次元バーコードが出力されません。

4. 解像度が異なるプリンタに出力した場合に、バーコードの出力結果が異なります。

5. ラベルプリンターへの印刷時に設計時の文字サイズで印字されない。

6. 「Adobe Postscript」「FUJI XEROX DP Series」「Hitachi Prinfina MANAGER PS」「UNISYS JPP」機種のプリンターで画像やバーコードを含む帳票が正しく出力されない。

この他にも、「バーコード」「QRコード」で検索すると、多くのFAQや関連するマニュアルも検索できます。便利になった『新サポートサイト』をご活用ください。

新サポートサイト

2017年4月に、保守サービスの向上、サイトセキュリティ強化、お客様との契約情報共有の観点から、サポートサイトをリニューアルいたしました。(詳細情報やマニュアル検索などには、保守契約締結ご担当者様からのID/パスワードの登録が必要です。)

新サイト公開日(2017.4.29) に、保守ご契約のご担当者様へサポートサイトユーザー登録のご案内メールをお送りしています。 

関連記事