「データ分析STEP2」柏木氏BLOG:あなたの組織がデータを活かせていないワケ 

 STEP1でお話した「自分が何を知りたいのか」ははっきりしたとしましょう。
ところが、いざデータを使うとなると、途端にこの目的から飛躍してしまう人が多いのです。

その内容は具体的か?

例えば、
「売上減の要因をデータから探り、適切な対策を講じたい」という目的を決めたとします。
目の前には売上実績データがあるので、それをグラフなどで可視化して、「何か見えないかな」といじってみる・・・・。

そういうアプローチをやっている間は「データを活用して問題解決」は到底できません。



STEP2
のここで問い直して頂きたいのは、
自分が知りたいこと(目的)を示すデータ(指標)は何なのか? 
です。
それは必ずしも今目の前に準備されたデータの中にあるとは限りません。
仮にあったとしても、課題を深掘りするのに最適な形になっていないかもしれません。

では、どうすれば?具体的な手法は?

づきはこちらから・・・データのじかん柏木 吉基氏ブログ 

柏木氏BLOG:あなたの組織がデータを活かせていないワケ
「データ分析STEP1」データを見ていれば何か課題や気付きが見つかるのではないか?

関連記事