インタビュー編<柏木氏BLOG>先に原因と結果のストーリーを考えれば、データ探しに迷わない。

『あなたの組織がデータを活かせてないわけ』連載中の柏木 吉基氏インタビュー

企業には営業実績や財務指標、顧客属性などたくさんのお宝データが埋もれています。
組み合わせれば実務で役立ちそうですが、活用方法がなかなか見つかりませんよね。

膨大なデータを使いこなす方法について、データ分析や論理思考の著書を持つ データ&ストーリー LLC代表の柏木吉基さんは、意外にも「データに触らずにデータ分析を始めるステップ」を提唱しています。

結果データだけを眺めていても答えは出ない

データ分析を活用して現場の効率を上げるにはどうすればいいか。
検討するときによくあるのは、最終結果のデータだけに注目することです。

たとえば全体の売上が落ちた場合、データから売れ行きが悪い製品や成績が落ちた支店を探し出して原因を突き止めたと思い、多くの人はそこで思考を止めてしまいます。

売上に影響する要素は限りなくあります。製品そのものかもしれないし、特定の支店かもしれない。競合他社の新製品かもしれません。現場にいる人であれば営業に関連する事柄からいろいろ思いつくはずです・・・

インタビューのつづきはこちらからご覧ください。

データのじかん

関連記事